さみしい海 あったかな手

沖合

四方を深い海に囲まれると。
怖くて不安でそわそわ。

ゾッとする程
深い深い海の底より

この下がまるで見えない
海の表面、波間が

僕には恐ろしく感じられます。

色が鮫と
同じ色。

でも

不思議な
安らぎもあったりして

そうゆう
「そわそわ」から感じる
「さみしさ」は基本的に
とっても好きです。

田舎の港町に育ったので。

逆に居心地が
良かったりします。

めぐまるが、ボソっと

「こんな海になら
流されても怖くないよ。」

と呟くもんだから。

怒ったほうが良いのか
迷ってる間に

結局は
手を繋いでた。

きっといつか
「あの時」
そうして良かったなぁって
思い返すんやと思います。

賛美歌みたいなフォーク 爽遊 (ユウテラス/紅男と虎椿) 日記と綴り

0コメント

  • 1000 / 1000