向日葵

これはとっても前向きな気持ちで書いてるんやけど。
例えばユウテラスにしても。ある一定以上の時間を費やした「結果」に基づく関係性の中で過ごしてきたからには「新作を聴かずに嫌う人間」は沢山いてしまうのが音楽だよ。うん。嫌な気持ちがない訳ではないけれど理屈としては納得してるよ。うん。
理由は多々あれど、決定的なのは「それを歌っているのが僕」であるから。それはその人たちにとっては、ほんのちょっと宣伝 / 評価 されたからって払拭出来るような「過去」じゃ「ない訳なんだ。やからといっても「聴いてない」人間には結局「僕は終わった人間」であるかどうかも分からない訳で。
もしも僕が大勢に無視されてる間に「途方もない進化」を遂げていて「時代のウェイブ」にサーフィン出来ていたとしても、その聴いてない誰かは、もしかしたら逆に「時代の波のうねり」に乗り損ねてる可能性だってあるのが、また音楽における無限の可能性でもあるからなんだ。
今日この瞬間までは誰もが答えを知ってる。でも今日この瞬間「から」は誰も起こるべきを知らないからね。
例えば「向日葵」を詩った瞬間に感じた、今までの自分とは「ひとつもふたつも桁を違ってる」って感覚は、生まれて数度しかない感覚なのかも知れない。それがその過ごした時間の中にいる人たちが例えば一人も振り向かないものでも (実際はそんなことはなかったし、ちゃんと響いてくれたんだと思えたけどね。) 「これだ」って瞬間に感じたものは、やっぱり「それ」相応になるだろうなって実感してるところ。
すごくワクワクしてる。うん。これからの自分に、ユウテラスに。10年前に、LOVEから始まった自分探し。間違いなく僕の音楽は完成に近づいている。ちょっとここまでは「多分昔以上はもう無理かな。。なら昔以上にはなれないから、恥かくの耐えらんないし諦めよう。。」が本音だった訳で。。なのに、僕は身につけてきた技術や感覚を操れ始めてる感覚は前にも増して「新しい発見」をもたらしてくれた。不思議なルーティンだなって。いつも追い詰められて、なす術もなくなって、自分に限界を感じたり、本気で諦めた瞬間から「何か」が始まる。
それは初めから狙っては出せない結果やから。いつも嬉しさよりも「茫然とするしかない」まるで誰かに目隠しで連れてこられたら、そこは「天国」だった、みたいな感覚なんだよ。。だからまだ何にもわかんない。うん。ただ、間違いないって体や心がリアクトしてる。ならきっと、少なくとも「最悪」の結果ではないんじゃないかな?って。。もうしばらく右も左も分からないまんま、ほんの少しずつ、足を踏みしめ、恐る恐るでも、まだ歩いてみようって想えるんだ。
問題はその「聴かない」人間からの(だからといって罪はないのは理解してる)、僕に「終わって消えろ」「望まれてる事 / 昔と同じ事やってりゃいいのに」って圧力に、正味あとどのくらい耐えられるか?って事なんだけどね。。もうそこは、地道に結果だしながら、こっちも気合いと根気よく「スルー」してく努力を、今度こそ、意識してちゃんと、していくべきなのかもしれないね。。って考えました(´-`)それはもう「恋愛関係」としてはとっくの昔に「解消」されてなきゃいけない関係性だったんだと想うように、ようやく成れました。ふぅ。。
上手くいってるからって、そうそう手放しで幸せ満面っていかないのも、やっぱり共有してきた「時間」の為せる技なのかしら?でもそんな風に「しょっぱい」から、もがくじゃない?未練だってあるじゃない?でもそれを断ち切りながら、また糸を紡いでいく。そうしてるこそ、ふと人生って時々、理屈にかなわないよな発見、不思議な力を感じられるのかもしれませんね。うん。繰り返し繰り返し、ただ前に向かうべきなのが人生なんですね。。
そう、そんな風に。
今、不思議な気分なんです。
向日葵で超えた感覚は恵み。
この収穫を大切にしていきたいですね。
かしこ。

今宵 運命はちょっと 残酷かもね / 君の 涙もずっと 土砂降り模様 / 好きな様に やってよ ずっと もっと / はい、ちーず。/ きみは完璧 僕のエンジェル / 倒れる時も 肩を貸すから ゴールまで / 実は尊敬 僕のオンリー / 病める時も 健やかなる時も ただそばに / Just そばに / いたげる。

賛美歌みたいなフォーク 爽遊 (ユウテラス/紅男と虎椿) 日記と綴り

0コメント

  • 1000 / 1000